新着情報一覧

新着情報一覧 · 2019/06/21
JAあまみ徳之島事業本部は20日、徳之島町亀津のホテルニューにしだに島内産パパイア10㌔を贈った。島内で23日に開催されるトライアスロンIN徳之島大会に合わせたPR活動の一環。今年は町内のホテルや飲食店11店舗に無償提供する。各店舗でアスリートらにパパイア料理を提供してもらい、消費拡大や認知度向上を図る。
新着情報一覧 · 2019/06/21
2019年度大島地区高校就職対策会議(名瀬公共職業安定所主催)が20日、奄美市名瀬の合同庁舎であった。20年3月の卒業予定者の求職動向調査で、就職希望者の割合は24・7%で前年度より微減。また、管内の状況として、事業所対象のアンケートでは「景況感が悪くなってきている」と回答した割合が前年度より減少。産業別で運輸・郵便業、漁業、製造業などで採用予定数を増やすというアンケート結果も報告された。
新着情報一覧 · 2019/06/21
国土交通省は20日、霞が関の国土政策局会議室で奄美群島成長戦略プロジェクト推進会議第1回会議を開いた。奄美群島の成長戦略の実現に向けたロードマップ策定に向け、有識者などが意見を交わした。出席委員からは群島全体の観光マスタープランの必要性など意見があり、ロードマップを策定し共通認識を持つ目標が設定された。...
新着情報一覧 · 2019/06/21
奄美市笠利町の奄美空港ターミナルビル㈱(幸進也代表取締役)は20日、同市内の集宴会施設で2019年度定時株主総会を開いた。過去最高を更新した18年度乗降客数89万1285人など就航路線の好調さを報告。空港施設のリニューアル完了を踏まえ、引き続き就航路線の利用促進に取り組むことで一致した。
新着情報一覧 · 2019/06/21
徳之島高校の総合学科・生活科学系列の3年生6人は、地域の伝統文化の継承学習で、「芭蕉布」の知識・技術習得に2年継続で取り組んでいる。伊仙町芭蕉布伝承研究会(武島すみ子代表)=同町目手久=が指導協力。生徒たちは、繊細で根気のいる地道な実習を通して先人たちの知恵と労苦も学び、将来への〝人生訓〟にも結びつけていた。
新着情報一覧 · 2019/06/20
あまみ大島観光物産連盟(有村修一会長)は19日、英(はなぶさ)辰次郎さん(80)=喜界町出身=と小勝竹雄さん(80)=奄美市名瀬出身=を198人目と199人目の奄美観光大使に任命した。
新着情報一覧 · 2019/06/20
沖永良部2世の吉田実代選手(日本&OPBF東洋太平洋女子バンタム級王者)が19日、WBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦で勝利し念願の世界王座を射止めた。会場の幕張メッセには、吉田選手が生まれ育った鹿児島市や大阪、親類のいる沖永良部島から約300人の応援団が駆け付けて声援を送り、世界チャンピオン誕生を喜んだ。
新着情報一覧 · 2019/06/20
旧暦の5月16日に当たる18日、知名町の大山神社境内で例祭が行われた。町役場や議会、区長会、自衛隊、猟友会関係者ら約60人が参列して山の恵みに感謝し、町民の安全や無病息災を祈願した。
新着情報一覧 · 2019/06/20
瀬戸内町が同町西古見・池堂地区への誘致を検討しているクルーズ船寄港地開発計画に関して、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン、東京)の東梅貞義自然保護室長ら3人は19日、同町役場を訪れ、鎌田愛人町長に開発計画の見直しなどを求める要望書を提出した。同法人が4月に西古見で行った環境調査結果を踏まえ、同地域の自然の保全価値を強調。「地域の方も大事にしている自然が決して損なわれることがないよう、きちっと計画を吟味するべき」などと訴えた。
新着情報一覧 · 2019/06/19
奄美スポーツアイランド協会(会長・福永敏文奄美市教育委員会事務局教育部長)の総会が17日、奄美市名瀬のホテルであり、事業計画や予算を承認した。2018年度のスポーツ合宿実績によると、県外から奄美大島への合宿団体数は82団体(プロ・社会人60団体、学生22団体)。合宿者の実数は1466人で、3年連続で千人以上となった。

さらに表示する