新着情報一覧

新着情報一覧 · 2020/01/24
宇検村はこのほど、同村焼内湾の県道沿いの希少植物「ワニグチモダマ」の群生地で景観に配慮したつる棚を設置した。同種を保護することで村内を訪れる観光客などに配慮する考え。現地では同種が開花しており、まだ蕾=つぼみ=の状態のものも見られ、しばらくは開花が楽しめるという。
新着情報一覧 · 2020/01/24
23日の奄美地方は南からの暖かい空気が流れ込んだ影響で気温が上昇、日中の最高気温は奄美市名瀬で25・8度と「夏日」を記録した。季節外れの陽気に屋外では上着を脱いだり、強い日差しを受けて汗をぬぐう姿も見られた。
新着情報一覧 · 2020/01/23
環境省奄美群島国立公園管理事務所は2月1日、奄美市名瀬の宴集会場などで「奄美大島の夜の自然と観光」をテーマとしたシンポジウムと親子夜間観察会=写真=を行う。講演やパネルディスカッションなどを通し、観光ガイドの認識を深める。また親子観察会は先着30人ほどの事前申込制で、事務局は参加者を求めている。
新着情報一覧 · 2020/01/23
日本航空(JAL)は8月6、14の両日、徳之島│大阪(伊丹)の区間で直行便1往復2便を臨時運航する。同社は昨年から今年にかけての年末年始にも2日間、同区間で臨時便を運航しており、夏休みについても関西地区に住む出身者の帰省ニーズや観光客に対応し、利便性を図る。
新着情報一覧 · 2020/01/22
東京奄美会(大江修造会長、勝光重幹事長)は、1年の始まりを飾る「202020年賀詞交歓会」を19日、台東区上野の精養軒で開いた。会場には奄美からの来賓をはじめ、関東在住の人たち合わせて約400人が集まる大盛況ぶり。島口が交わされる中、気持ちも新たにスタートした。
新着情報一覧 · 2020/01/22
2019年度離島物価問題懇談会が21日、知名町あしびの郷・ちなであった。県や町、消費者の代表ら20人ほどが出席。事業者からは、ガソリン等の石油製品の安定供給に関して「港湾の整備状況が悪く、石油製品を積んだタンカーが安全に接岸できない」などの問題を挙げた。
新着情報一覧 · 2020/01/21
20日は二十四節気の「大寒」。1年で最も寒い時期といわれる。奄美大島ではリュウキュウアサギマダラが集団で越冬し、北風が吹き込まない木立で身を寄せ合いながら、静かに春を待っている。
新着情報一覧 · 2020/01/21
現金を使わずに支払いを行う「キャッシュレス決済」について、県は20日までに県内主要観光地での導入率調査の結果を公表した。奄美市は回答した62事業者のうち、79%が導入していると答えた。
新着情報一覧 · 2020/01/20
喜界島サンゴ礁科学研究所主催の「クリーンアップイベント」が19日、喜界町小野津の海岸であった。未就学児から大人まで約40人が参加し、海岸に打ち寄せられた海洋ごみを回収。プラスチックが環境に与える影響などについて学んだ。
新着情報一覧 · 2020/01/20
奄美群島で島おこしに取り組む人々が体験談を語る「GCD(ガシド)トークショー・島サバクリエイティヴ」(奄美群島広域事務組合主催)が19日、龍郷町の生涯学習センターりゅうがく館であった。7人が登壇し、活動秘話や奄美への思いを熱く語った。来場した約150人は「ガシド!(そうだね)」と共感とエールを送った。

さらに表示する