新着情報一覧

新着情報一覧 · 2019/04/20
土日を含めると10連休となる今年のゴールデンウィーク(4月27日~5月6日)まで、あと1週間。例年にない長期休暇の日程で、奄美への入込は急増する見通しだ。ホテルやレンタカーは期間中、もうすでに予約は埋まっており、それぞれの業界関係者からは「キャンセル待ちもお断りしている状況。連休最終日にようやく空きが出るほど」とうれしい悲鳴を上げている。
新着情報一覧 · 2019/04/20
徳之島愛ランド広域連合(高岡秀規連合長)の「徳之島愛ランドクリーンセンター」(伊仙町西目手久)に関する第3回住民説明会が18日夜あった。同センター施設整備基本構想策定検討委員会の中間報告の一つ「3町持ち回り申し合わせ尊重」案に、天城、徳之島両町長は、地元集落や伊仙町合意形成推進協議会の考えを尊重する姿勢を示した。焼却飛灰のダイオキシン類の基準超問題に専門家は「一刻も早い生ごみ分別が必要」と指摘した。
新着情報一覧 · 2019/04/20
龍郷町立龍郷小学校(橋口俊崇校長、児童27人)は19日、「春の一日遠足」を安木屋場集落で行った。児童は、潮が引いた安木屋場海岸のリーフ内で海の生物を観察し、貝取り、魚やシャコ取りなどを楽しんだ。午前中は安木屋場バス停周辺の草取り、ごみを拾い集めるボランティア活動も実施した。
新着情報一覧 · 2019/04/20
本土と沖永良部島を年に何度も行き来しながら、島暮らしを楽しむ人がいる。福岡県の会社役員で写真家の園耕治郎さん(62)がその人。2016年7月から知名町屋子母の借家を住居兼アトリエとして改修。「やこもハウス」と名付け、時には知人らを招いてうたげを開いたり、自然などの写真を撮ったりして島暮らしを満喫している。
新着情報一覧 · 2019/04/19
奄美大島近海で2019年シーズンに行われたホエールウオッチングの参加者を対象にしたアンケートの結果がまとまった。回答者は653人。ツアーに「満足」「まあ満足」と答えた人は全体の74・7%。「ぜひまた参加したい」(481人)とリピートを希望する人も73・7%に上った。クジラが見られなかった場合に「不満」「やや不満」と答えた人が多く、「(昨日はここで見られたなど)説明がほしかった」とツアーに工夫を求める意見もあった。
新着情報一覧 · 2019/04/19
日本クルーズ客船が運航する旅客船「ぱしふぃっくびいなす」(2万6594トン)が18日、天城町の平土野港に寄港した。ツアー客は島内観光や闘牛観戦を楽しみ、徳之島の魅力に触れた。
新着情報一覧 · 2019/04/19
尼崎沖洲会いきいきクラブの会員23人が16日から3泊4日の日程で、沖永良部島を里帰り旅行し、観光地巡りや地元の人との交流を楽しんでいる。17日夜は知名町のフローラル館で同クラブの歓迎交流会があり、地元住民ら約120人が参加して親交を深めた。
新着情報一覧 · 2019/04/19
瀬戸内町出身の作家・藤井太洋さん(47)の著書『ハロー・ワールド』(講談社)=写真=がこのほど、第40回吉川英治文学新人賞((財団法人)吉川英治国民文化振興会主催)受賞した。藤井さんは「デビューして7年目でこんなに大きな賞をもらうことができて驚いている。とてもうれしい」と受賞を喜び、「奄美空港には島尾敏雄さんの作品の横に自分の作品が並んでおり感謝したい。応援してくださってありがとうございます」とふるさと・奄美のファンへの思いも寄せた。
新着情報一覧 · 2019/04/18
奄美の魅力をPRする「第5回奄美群島地域振興展」が13、14の両日、兵庫県神戸市長田区の若松公園であった。奄美黒糖焼酎や鶏飯、バレイショといった特産品の販売をはじめ、島唄などの芸能ステージがあり、会場は地域住民や奄美出身者らで活気にあふれた。
新着情報一覧 · 2019/04/18
瀬戸内町の町営定期船フェリーかけろま新船が衝突事故後に運航を再開して6日で1年。町商工観光課は16日、同船の2018年度運航実績を示した。年間運航計画便数2552便(1日7便)に対して欠航272便。欠航数は旧船運航時の13年度58便、14年度135便、15年度107便から大幅に増加した。相次ぐ欠航による住民の不満が高まる中、町は5月までに協議会を立ち上げ、対策を考えるとしている。

さらに表示する