新着情報一覧 · 2021/01/16
徳之島町はこのほど、同町亀徳のなごみの岬公園に休憩施設を整備した。太平洋と亀津市街地を一望できる景勝地で、町地域営業課は「海と市街地が共存する景色を楽しんでほしい」と期待を寄せている。
新着情報一覧 · 2021/01/16
龍郷町は15日、同町長雲にある奄美自然観察の森で、町花であるヒカンザクラの開花を宣言した。昨年より1週間遅い。町は標準木が、5輪以上咲いたら開花宣言している。自然観察の森内外のヒカンザクラは全体的には一分咲き以下とみている。「(個体差はあるが)2月中旬ごろに見頃を迎えるのではないか。ヒカンザクラを見に来るのが目的であれば2月に入ってからがいいかもしれない」と予想している。メジロなどが花の蜜を吸いに飛来していた。
新着情報一覧 · 2021/01/15
16日から始まる大学入試共通テストを前に14日、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の受験生が会場が設けられる奄美大島や沖縄県へ出発した。各島の空港や港では、保護者や学校の教諭らが見送りに駆け付け、受験生の健闘を祈った。
新着情報一覧 · 2021/01/15
県が、徳之島の海の玄関口の亀徳港(徳之島町)改修事業で、港内の静穏度を高める「防波堤(沖・南)」(計画延長300㍍)の整備に着手して21年。これまでに255㍍を整備(進捗率約85%)。鹿児島―沖縄航路の定期船の発着、生活物資の搬入、農畜産物の搬出など島民の生活・経済を支える海路の安定利用率の向上へ、早期完成が期待されている。
新着情報一覧 · 2021/01/08
強い冬型の気圧配置となった7日、奄美地方にも寒気が流れ込み強風も加わって気温が低下したが、奄美市名瀬の山間部にある果樹園では植樹されたヒカンザクラが開花、寒空を緋色に染めている。例年より1週間ほど遅れており、現在三分咲きだ。
新着情報一覧 · 2021/01/08
奄美では「ナンカンセック」(七日節句)の7日、数えで7歳を迎える子どもたちの健やかな成長を願って、親族などの家々で「ナンカンジョセ」(七草がゆ)がふるまわれた。奄美市名瀬の隈元大貴さん(33)と美紀さん(38)の三つ子の杏里ちゃん(長女)、環奈=かんな=ちゃん(次女)、琳香=りんか=ちゃん(三女)はそろって大島紬を身にまとい、曾祖母の住む龍郷町秋名集落へ出向いた。
新着情報一覧 · 2021/01/06
家族で沖永良部島の海岸のごみ拾いに取り組む「うじじきれい団」(知名町下平川)が5日、知名町商工会館で町職員を対象に講演した。2017年から続けている漂着ごみ回収などの活動を紹介し、「人も自然も豊かで美しくて楽しい持続可能な島の未来のため行動しよう」と呼び掛けた。
新着情報一覧 · 2021/01/06
与論町は2日、同町茶花の砂美地来館で新成人を祝う記念写真撮影会を開いた。与論島内外から晴れ着姿の新成人30人が出席し、友人との再会を楽しみ、社会人としての決意を新たにした。
新着情報一覧 · 2021/01/05
瀬戸内町の古仁屋市街地でこのほど、老朽化した空き家除去後、新しくコインパーキング(時間貸し駐車場)が設置された。同町は空き家除去経費の2分の1(上限100万円)を地主側に助成しており、跡地を再利用したケースとして第一号に。市街地には危険空き家が複数あるため町企画課は「景観整備や防犯、防災の観点から迅速な対応が必要」と制度周知につとめたい考え。
新着情報一覧 · 2021/01/05
知名町は4日、地域おこし協力隊に徳島県出身の中川陽一さん(69)を任命した。今年で開業から25周年を迎える同町フローラルホテルの相談役として経営改善に取り組む。任期は3年間。...

さらに表示する