ブログカテゴリ:沖永良部島



新着情報一覧 · 2020/02/17
知名町の第23回島唄・島ムニ大会(町教育委員会主催)は15日、おきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなであった。子どもから高齢者まで世代を超えた9団体が沖永良部島の方言「島むに」での寸劇や島唄を披露。島の伝統文化や方言の魅力を再確認した。
新着情報一覧 · 2020/02/15
「バレンタインに花束を」―。知名町農業青年クラブ(4HC、福井源規会長)は14日、同町のAコープ知名店前で女性の買い物客に沖永良部産の花束を贈り、喜ばれた。 「フラワーバレンタインは欧州などでは定着している。島でもバレンタインに地元の花を贈る習慣が定着してほしい」と期待した。
新着情報一覧 · 2020/02/14
沖洲会の存在を知ってもらおうと、沖永良部高校3年生を対象にしたガイダンスが13日、同校体育館であった。神戸沖洲会青年部の吉田雄輝さん(22)が、各支部の活動を紹介。サプライズライブでは、奄美市笠利町出身の2人組ユニット「カサリンチュ」のコウスケさんが登場し「島を出ると、島の良さがわかる。都会の厳しさを乗り越えて頑張ってほしい」と激励した。
新着情報一覧 · 2020/02/13
2019年度和泊町切り花品評会が12日、同町防災拠点施設やすらぎ館であった。全国各地から来島した市場関係者が審査を行い、5部門105点の中から東秀光さんのテッポウユリ(品種・プチホルン)が最優秀賞に輝いた。
新着情報一覧 · 2020/02/09
和泊町と知名町の両町で2020年産バレイショ「春のささやき」出発式・出荷協議会が8日、各町のバレイショ出荷場であった。今期の出荷量は、和泊町が5400㌧、知名町が4000㌧を計画。2年連続の価格低迷で厳しい経営状況にある農家の所得向上とブランド産地継続を目指し、関係機関が一体となって取り組むことを誓った。
新着情報一覧 · 2020/02/05
知名町商工会女性部による「遺産めぐりモニターツアーin久志検集落」が2日、同町久志検集落であった。同町商工会女性部のメンバーや親子ら14人が参加し、集落内を散策しながら島の魅力を発見した。
新着情報一覧 · 2020/01/27
NPO法人沖永良部スポーツクラブ「イーラブ主催」のおきのえらぶスポーツフェスティバルが26日、知名町民体育館であった。ストライダー選手権や赤ちゃんハイハイ競走など、楽しく身体を動かすプログラムが終日行われ、親子連れなどでにぎわった。
新着情報一覧 · 2020/01/22
2019年度離島物価問題懇談会が21日、知名町あしびの郷・ちなであった。県や町、消費者の代表ら20人ほどが出席。事業者からは、ガソリン等の石油製品の安定供給に関して「港湾の整備状況が悪く、石油製品を積んだタンカーが安全に接岸できない」などの問題を挙げた。
新着情報一覧 · 2020/01/19
沖永良部2世でパルクールアスリートの泉ひかりさん(24)が17日、知名町役場を訪れた。泉さんは「沖永良部は特別な場所。もっと活躍して島をPRしたい。自分が出来ることがあれば、ぜひ声を掛けてほしい」と話した。
新着情報一覧 · 2020/01/17
先祖と共に新年の到来を祝う伝統行事「墓正月」が16日、沖永良部島の一部の集落であった。知名町田皆集落では午前中、老若男女が墓前で一重一瓶を囲む昔ながらの光景が見られた。

さらに表示する