カテゴリ:沖永良部島



新着情報一覧 · 2021/01/25
知名町沖泊海岸で24日、住民約200人が集まり清掃活動を行った。参加者は、漂着ごみや流木などの除去に汗を流した。 同海岸では毎年4月、住民ボランティアによる清掃活動を実施していたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止。多くのごみが打ち上り、散乱した状況になっていた。
新着情報一覧 · 2021/01/24
和泊町の国頭小学校(脇田幸治校長)は23日、「沖永良部島内1周歩こう会」を行った。6年生8人が和泊、知名両町の街並みやジャガイモ畑、海岸線など島の景観を楽しみながら思い思いのペースで歩を進め、約11時間かけて全員が約42㌔を完歩した。
新着情報一覧 · 2021/01/22
知名町の徳時集落(宮西大治区長、58世帯88人)は20日、集落内の徳時運動公園で世(四)並蔵神社奉納グラウンド・ゴルフ大会を開いた。集落内外の24チーム120人が参加。神社の歴史や例祭に思いをはせながらプレーを楽しみ、親睦も深めた。
新着情報一覧 · 2021/01/20
和泊町は、島の水産業の活性化に取り組む地域おこし協力隊「シーフードプロデューサー」を1人募集している。同町ホームページや移住情報サイト「くらすわどまり」に、沖永良部の魅力とともに仕事の内容を紹介している。応募期間は3月31日まで。
新着情報一覧 · 2021/01/17
先祖とともに新年を祝う伝統行事「墓正月」が16日、島内の各集落であった。知名町田皆では墓前に一族がそろい、一重一瓶を囲む姿が見られた。年の暮れに各家庭に迎えた祖先の霊を墓へ送る行事。現在は、簡素化されて合同で行う集落もある。
新着情報一覧 · 2021/01/06
家族で沖永良部島の海岸のごみ拾いに取り組む「うじじきれい団」(知名町下平川)が5日、知名町商工会館で町職員を対象に講演した。2017年から続けている漂着ごみ回収などの活動を紹介し、「人も自然も豊かで美しくて楽しい持続可能な島の未来のため行動しよう」と呼び掛けた。
新着情報一覧 · 2021/01/05
知名町は4日、地域おこし協力隊に徳島県出身の中川陽一さん(69)を任命した。今年で開業から25周年を迎える同町フローラルホテルの相談役として経営改善に取り組む。任期は3年間。...
新着情報一覧 · 2020/12/30
和泊、知名両町は25日、沖永良部島の観光PR動画「Okinoerabu Island,Japan 8K│沖永良部島」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。再生回数は29日現在、100万回を超え、海や鍾乳洞といった自然豊かな景観など、同島の魅力を国内外へ発信している。
新着情報一覧 · 2020/12/27
クリスマスの25日、和泊町立国頭小学校でシンボルツリーの「日本一のガジュマル」がライトアップされた。校区内外から親子連れなどが訪れ、赤や緑、青など色とりどりの光が舞う幻想的な空間を楽しんだ。
新着情報一覧 · 2020/12/26
和泊町で24日、新型コロナウイルスの感染収束を願う花火が打ち上げられた。午後7時から約5分間、計75発の大輪の花が冬空を彩り、住民らを励ました。

さらに表示する