ブログカテゴリ:徳之島



新着情報一覧 · 2020/04/03
天城町農業センター(同町瀬滝)の所長に招へいされ、2年間の単身赴任のつもりが丸5年―。施設園芸品目などの農業研修生の育成にとどまらず、一般対象の「農業塾」や「農業技術セミナー」、市民農園(ゆいゆい農園)の開設に貢献、農業の楽しさと笑顔を広げた。人々や大自然にも魅せられた地での再任務を終えた瀬川裕美さん(72)に思いを聞いた。
新着情報一覧 · 2020/04/01
徳之島で祖母を介護しながらイタリア料理店を開店し奮闘していた若者が、祖母の死去に伴い思い出詰まった店を閉じた。その青年がこのほど、生まれ育った千葉に新たにレストラン「イタリアンバルMARIO」(千葉市若葉区東寺山町581―4)をグランドオープンさせた。「ばあちゃんのためにも、ここで頑張って徳之島でまた店を出せるようにしたい」とオーナーとして夢を描いている。
新着情報一覧 · 2020/03/20
徳之島闘牛の全島一決定戦など、5月の大型連休に開催予定だった体重別4階級のチャンピオンを決める闘牛大会について、徳之島闘牛連合会(資村浩一会長)が中止の方針を固めたことが19日、分かった。全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置で、全4階級の王座決定戦が中止となれば史上初めて。21日に開かれる同連合会理事会で出席者へ経緯を説明し、今後の対応策を協議する方針だ。
新着情報一覧 · 2020/03/11
県立徳之島高校美術部(平野良光顧問、赤﨑祐斗部長ら部員10人)がこのほど、アートマイル国際協働学習プロジェクト「東京2020オリンピック・パラリンピックの参加国・地域の子どもたちと協創する未来」への協力作品『想いよ、届け。』を制作した。同東京大会に合わせて、都内の公園などで壁画展示される。
新着情報一覧 · 2020/03/10
新型コロナウイルス感染拡大防止の措置で休校している児童生徒を支援しようと、全日食チェーンに加盟する徳之島内の小売店4店舗は9日から、店内で販売する弁当を低価格で提供するサービスを始めた。企画した天城町松原の合資会社「徳田百貨店」代表社員の徳田太一さん(36)は「サービスを通じて子育て世帯を支援できれば」としている。
新着情報一覧 · 2020/02/29
第8回「〝とくの島〟観光・物産フェアin東京」(関東徳州会・徳之島3町郷友会主催)が23日、東京・代々木公園であった。当日は好天に恵まれ、家族連れなど約2万人が来場。出荷が本格化した赤土新バレイショ「春一番」の味覚を楽しみ、多彩な音楽に聴き入った。会場は寒さを吹き飛ばす「徳之島パワー」で熱気に包まれた。
新着情報一覧 · 2020/02/26
九州縄文研究会(会長・宮本一夫九州大学副学長)一行は24日、天城町での第30回九州縄文研究会・鹿児島大会に続いて島内の遺跡見学会を行った。奄美群島最古の「隆帯文(りゅうたいもん)土器」(約1万3千~1万4千年前)などが初出土した調査中の「下原(したばる)洞穴遺跡」(同町西阿木名)について、宮本会長は「将来的には国指定史跡になれる。(下層からは)旧石器時代の人骨が出てくる可能性も」など見解を示した。
新着情報一覧 · 2020/02/25
徳之島観光連盟(重田勝也会長)は2月から、バーチャルリアリティー(VR=仮想現実)技術で徳之島の秘境や観光地の映像を視聴できる体験サービスを試行している。国内最大級の海底鍾乳洞「ウンブキ」の内部やクジラと泳ぐ「ホエールスイム」など、日常生活では見ることのできない映像が楽しめるとあって、島内外の在住者を問わず好評だ。同連盟は「島の良さを知っていただき、観光客のリピーターや滞在日数が増えるきっかけとなれば」と期待を寄せている。
新着情報一覧 · 2020/02/13
2019年度徳之島地区たんかん品評会(県園芸振興協議会徳之島支部果樹部会主催)が12日、JAあまみ徳之島事業本部(徳之島町)であった。果実をサイズ別で総合的に審査。L部門は琉和栄さん(徳之島町尾母)、2L同は是枝純一さん(同町亀津)が金賞を射止めた。
新着情報一覧 · 2020/02/11
中米カリブ海の島国セントクリストファー・ネービスの大使や、地元天城町出身の五輪レスリング元日本代表らを招いた2019年度ホストタウン事業が9、10日にかけて同町であった。グローバルな人材育成に期待した国際交流、ちびっ子ら対象レスリング教室、学校訪問などで交流をスタートさせた。

さらに表示する