ブログカテゴリ:徳之島



新着情報一覧 · 2019/12/13
県立博物館(鈴木俊之館長)の移動博物館推進事業「博物館がやってきた!in天城町」(同町教育委員会共催)が12日、同町防災センターで始まった。世界自然遺産登録を目指している「徳之島の自然資料」をはじめ、国内外の貴重な動植物など標本や関係資料の約5500点を展示し、楽しい実験も並行。星空観察会なども予定。入場無料、15日まで。
新着情報一覧 · 2019/12/08
「世界自然遺産シンポジウムin徳之島~親子で考える世界自然遺産~」(県、徳之島地区自然保護協議会主催)が7日、徳之島町文化会館で開かれた。専門家の基調講演や児童生徒たちの自然体験・環境学習成果などの発表を通じ、世界的に希少な生物多様性を育む「奇跡の島」の価値観や外来種問題など課題の一端も共有し合った。
新着情報一覧 · 2019/12/04
大相撲の元大関・小錦八十吉関で現在、タレント・アーティストとして精力的に活動しているKONISHIKIさん(55)=ハワイ出身=夫妻ら一行が2日から徳之島入り。育ての親の元高砂部屋親方・朝潮太郎(米川文敏)氏の記念像との再会や墓参も兼ねて、3日は伊仙町犬田布にある社会福祉法人青松福祉会わかば保育園(児玉純一園長、園児88人)でライブを行い、ちびっ子ら関係者を喜ばせた。
新着情報一覧 · 2019/12/03
第32回全日本小学生相撲大会((公財)全日本小学生相撲優勝大会)が1日、東京都の両国国技館であった。奄美からは5年生の部に豊田倫之亮(徳之島相撲クラブ)と重村鴻之介(瀬戸内少年相撲クラブ)が出場し、豊田が優勝。前回大会につづく2連覇となった。豊田は「連覇はうれしい。家族はもちろん、地域の人の支えがあってこそ優勝できた。感謝したい」と語った。
新着情報一覧 · 2019/12/01
天城町地域おこし協力隊活動報告会(町主催)が30日、同町役場であった。過疎集落の交流拠点づくりやPR動画制作など魅力発信、山海留学制度の立ち上げ支援、漁業振興対策の模索など日ごろの取り組みを紹介。「隊員の最大の武器は〝半官半民〟の立場で地域の人々を主役にすること」との強調も。任期(3年以下)終了後も定住しての貢献継続に意欲を示した。
新着情報一覧 · 2019/11/28
徳之島地域赤土新ばれいしょ「春一番」連絡協議会(中山浩樹会長)が27日、天城町役場会議室であった。JAあまみ天城、徳之島両事業本部選果場の統合新設構想を再提示し協力を要請。同連絡協と「徳之島ばれいしょブランド産地推進協議会」の類似2団体の一本化案を協議・確認。2020年産「春一番」合同出発式の日程(2月1日に天城町防災センター)などを確認した。
新着情報一覧 · 2019/11/28
徳之島地区青年農業者会議(同地区農業青年クラブ連絡協議会主催)が26日夜、県徳之島事務所会議室であった。畜産経営の後継者を目指しUターンした「牛飼い女子」の思いや、新規品目シマアザミの安定生産、中耕・培土(ハカマ処理など)のサトウキビ株出し管理機(スクープ)の作業体系の実証、視察研修報告など会員4人が発表。先輩や関係機関の質疑も交え親睦を深めた。
新着情報一覧 · 2019/11/26
天城町は25日から、ふるさと納税を活用して闘牛文化の発信基地「ドーム闘牛場」の整備するため、ガバメントクラウドファンディング(GCF)を開始した。来年2月24日まで寄付を受け付け、300万円の資金調達を目指す。
新着情報一覧 · 2019/11/26
「まさかこんな場所に、夢にも思わなかった」。徳之島町亀津市街地に沿った亀津新漁港敷地。毎朝、車いすの愛犬「ラッキー」と同漁港周辺のごみ拾いなど美化奉仕を続ける自営業島田須和(すなお)さん(70)を「まさか?」と凍りつかせた。
新着情報一覧 · 2019/11/22
10月いっぱいで店を閉じたのは、新橋3丁目のとあるビル4階に店を構えていた「和ごころ・あまみ」。徳之島出身で千葉・市川在住の叶実統さんが代表を務め、妻の広美さんがかいがいしくサポート。産地直送の新鮮な魚介に、奄美の真心を込めて出される料理と黒糖焼酎は、来店者の胃袋を満たしてきた。

さらに表示する