カテゴリ:徳之島



新着情報一覧 · 2021/05/05
ゴールデンウイーク恒例の闘牛大会が1、3、4日の3日間、徳之島島内の各会場で開かれた。最終日の4日は徳之島全島一&ミニ軽量級優勝旗争奪戦(徳之島町闘牛協会主催)が伊仙町の徳之島なくさみ館であり、コロナ禍の中、約1200人の観客が熱戦に沸いた。
新着情報一覧 · 2021/05/04
徳之島町が、町北部地区の振興、闘牛文化の継承支援に再整備した「花徳闘牛場」(同町花徳)の安全祈願祭が2日あった。無料の「花徳敬老杯闘牛大会」など〝牛なくみ(慰み)〟や交流けいこ場に利用されてきたが、地元の闘牛愛好者たちは再整備を機に、世界自然遺産登録に絡めた「観光闘牛」への活用も進める。
新着情報一覧 · 2021/05/02
天城町教育委員会は4月30日付で、同町浅間湾屋洞窟「ウンブキ」の水中で発見・採取されていた日本初記録種の「ウンブキアナゴ」を、同町初の天然記念物に指定した。日本最大級の水中鍾乳洞に生息する日本初記録種に加え「新種の可能性」も強く、捕獲禁止など保護に町文化財保護条例の網をかぶせた。
新着情報一覧 · 2021/04/30
希少野生動植物の盗採、盗掘を防止する徳之島3町合同パトロール出発式が29日、徳之島町の花徳里久浜であった。徳之島地区自然保護協議会の3町会員のほか、環境省、林野庁、県、徳之島警察署など関係機関から約20人が参加。式後は6グループに分かれて、林道や山道のパトロールに出発した。
新着情報一覧 · 2021/04/25
徳之島町立図書館(里光和恵館長)の「子ども読書週間おはなし会&親子で工作」が24日、町生涯学習セターホールであった。親子連れ約45人が集い、大型紙芝居やパネルシアターなどの上演を楽しんだほか、地域のシニア層を先生役に天然素材で創意工夫した昔のおもちゃ作りと遊びも体験した。
新着情報一覧 · 2021/04/16
薩摩藩の圧政に対して住民が立ち上がり抵抗した犬田布騒動について伝える講話が14日、伊仙町の犬田布中学校(高瀬茂校長、生徒56人)であった。同町在住の郷土史研究家、徳永武彦さん(87)を講師に招き、権力に対して果敢に立ち向かった先人の偉業について学んだ。
新着情報一覧 · 2021/04/14
県はこのほど、徳之島、沖永良部島、与論島の3島に計7台のデジタルサイネージ(電子看板)を設置した。新型コロナウイルスの影響で落ち込む地域経済支援策の一環で4月中に全台の運用を開始する予定。関係者は観光案内などでの活用に期待している。
新着情報一覧 · 2021/04/08
戦艦大和を旗艦とする特攻艦隊の戦没将士慰霊祭が7日、伊仙町犬田布岬であった。54回目の開催で島内関係者ら約150人が参加。祖国防衛のために海に散った3737柱の冥福を祈り、恒久平和への誓いを新たにした。
新着情報一覧 · 2021/04/06
徳之島の南西糖業㈱(神﨑俊社長)は5日夕までに2020/21年期産原料サトウキビの受け入れを終えた。製糖速報(概数)によると同社2工場への搬入量は18万1958㌧。小型工場処理分を含めた同島の同期生産実績は、当初見込み(11月1日現在)から6722㌧上方修正の18万4008㌧、前期実績比で2万6235㌧増の「平年作」となった。
新着情報一覧 · 2021/04/01
徳之島町徳和瀬地区で、マメ科の蔓(つる)性植物「ウジルカンダ」(別名・イルカンダ)が開花している。まるでブドウの巨峰の房のように花を密集させ、豪快なシャンデリアのような趣だ。日本では琉球列島(奄美大島、加計呂麻島、徳之島、沖永良部島、伊平屋島、沖縄島)や馬毛島、大分県蒲江町などに分布。

さらに表示する