カテゴリ:徳之島



新着情報一覧 · 2020/07/12
県立徳之島高校(立石賢二校長、生徒261人)の2020年度文化祭が11日、徳之島町の同校であった。新型コロナウイルス感染予防対策として、例年盛り上がる舞台発表は日頃の成果を撮影した映像の放映に変更。新しい形の文化祭を作り上げ、思い出を心に刻んだ
新着情報一覧 · 2020/07/11
新型コロナウイルス感染拡大による需要減で、子牛セリ価格が下落傾向の畜産業を支援しようと徳之島町職員有志はこのほど、「島の畜産応援プロジェクト」の一環で町内生まれの鹿児島黒牛を購入した。町役場で10日、伝達式があり、注文した職員へ牛肉が届けられた。
新着情報一覧 · 2020/07/09
徳之島町は8日から、新型コロナウイルスの感染拡大で帰省を自粛している同町出身の学生へ「ふるさと応援便」第2弾としてパッションフルーツの発送を開始した。同町担当者は「島の未来を担う学生に、島から最大限のエールを届けたい」としている。
新着情報一覧 · 2020/07/08
天城町は、元海洋大学技術職員の水産専門家を地域おこし協力隊に迎え、地上施設での「短期畜養」メリットの追究や、地魚をフル活用した商品開発など町内水産業の振興策を模索。特産品づくりではこのほど、カツオやマグロ類のほか嫌われ者のサメも活用した「お魚ジャーキー」を商品化。ふるさと納税返礼品にも加わり、リピーターも現れるなど好評のようだ。
新着情報一覧 · 2020/07/04
インターネットの接続サービスを手掛ける徳之島ビジョン(本社・伊仙町伊仙、三須久代表取締役)は2日、徳之島町亀津に高速インターネットを利用できる会員制ラウンジ「TOKUNOSHIMA VISION ラウンジ&セミナー」をオープンした。店内では国内最速規模の通信回線が利用でき、同社や徳之島3町は情報通信技術(ICT)の拠点として活用されることを期待した。
新着情報一覧 · 2020/07/03
2020年度徳之島地区新規就農者励ましの会(徳之島3町担い手育成総合支援協議会など主催)が2日、3町の10人を対象に伊仙町中央公民館ホールであった。「徳之島農業と地域のリーダーを目指して」など熱いエールに、若い後継者たちは、規模拡大を図り「時代のニーズに沿った農家に」など力強く抱負を述べた。
新着情報一覧 · 2020/07/01
徳之島さとうきび生産対策本部(本部長・森田弘光天城町長)など同島の農政3団体の2020年度総会が30日、天城町役場であった。生産対策本部では、生産農家の高齢化などに伴う労働力不足対策として農作業受委託の調整・効率化を図る「徳之島さとうきび農作業受委託調整センター」の設立を承認。12月から「株出し」「中耕・培土」管理作業を皮切りに受託する。
新着情報一覧 · 2020/06/29
「猪は大島本島及び徳之島に棲(せい)息し、以前は山林原野の広大なりしと狩猟者多かりし等に依(よ)り農作物に被害を及ぼすこと少かりしが、最近に至りては狩猟税高き為狩猟者減少し、畜犬税のため飼育犬すくなく、之(これ)と同時に年々森林は伐採せられ、原野は人口増殖にともない開墾せられたる為、猪の跋扈(ばっこ)甚だしく甘蔗(サトウキビ)、甘藷(サツマイモ)其他林産物等に及ぼす被害は四萬余円に達す―」
新着情報一覧 · 2020/06/27
徳之島町は26日、経営や情報通信技術(ICT)などの分野でコンサルティングを行うシーエルエムラボ(本社・東京都千代田区、橋口雅裕業務執行社員)を町企業誘致条例に基づく「町企業」に認定した。町役場であった調印式で橋口業務執行社員は「ICTの拠点をつくり、地域の役に立てるよう頑張りたい」と抱負を語った。同町で2010年の条例制定以降、本土企業を誘致して企業認定したのは初めて。
新着情報一覧 · 2020/06/16
天城町は14日、オンラインによる移住相談会「おいでよ!魅惑のアマパゴス」を開いた。関東、関西圏の在住者から仕事や住居など島内の生活環境に関する相談を受け、移住希望者のニーズ把握に努めた。

さらに表示する