ブログカテゴリ:奄美大島



新着情報一覧 · 2019/08/18
鹿児島県は、外見では分かりにくい障がいのある人や病気の人らが、援助や配慮を必要としていることを知らせるヘルプカードの発行を7月から始めた。発行開始から1カ月以上が経過、奄美市ではこれまでに申請のあった約10人に配布されたが、普及には程遠い状態だ。利用者からは「多くの人がカードの存在を知ることで、いざという時に役立ってくる」と、認知度の向上を求める声が聴かれる。
新着情報一覧 · 2019/08/17
環境省は奄美最高峰・湯湾岳(694メートル)の山頂近くにある大和村名音の広場に、一帯に広がる照葉樹の森を見渡す展望台を整備する計画を進めている。老朽化によって撤去された旧展望台跡に再整備する。2019年度は基本設計に着手し、21年度の完成を目指す。奄美群島国立公園管理事務所は「奄美を代表する自然を感じられる場所になる」としている。
新着情報一覧 · 2019/08/17
イオン九州㈱は来月1日から、新たに管内のイオン14店舗などで食品売り場のレジ袋無料配布を中止して有料レジ袋の提供に切り替える。資源の節約や海洋汚染につながる使い捨てプラスチック廃棄抑制などが目的。奄美ではイオンプラザ大島店が含まれ、同店は世界自然遺産登録の機運を盛り上げるため、市内の小中学生や買い物客などにエコバック無料配布を予定している。
新着情報一覧 · 2019/08/15
きょう15日にも西日本に上陸する恐れがある大型の台風10号。奄美地方北部に接近した影響から、14日は奄美群島の空の上り便で欠航となった。同日、奄美市笠利町の奄美空港では、滞在日程を短縮して帰路につこうと空席待ち手続きのためカウンターに並ぶ観光客が、朝早くから長蛇の列をつくった。
新着情報一覧 · 2019/08/14
環境省奄美群島国立公園管理事務所などは13日、国の特別天然記念物アマミノクロウサギなどを輪禍(ロードキル)の事故などから守ろうと「交通事故防止キャンペーン」を奄美市住用町のマングローブパークで行った。奄美市マスコットのコクトくんも参加し、施設を訪れた観光客らにチラシを配布。「野生生物に気をつけて、ゆとり運転を」などと呼び掛け、配慮した運転を求めた。
新着情報一覧 · 2019/08/14
旧暦の7月13日にあたる旧盆迎えの日の13日、奄美各地の墓地では、先祖の霊を自宅に迎える墓参客の姿が見られた。...
新着情報一覧 · 2019/08/13
相次ぐ台風接近の影響で、生鮮野菜など島外からの入荷が今月9日以降止まっていた奄美市地方卸売市場は12日、鹿児島―沖縄航路の定期船で鹿児島から運び込まれた野菜や果物が4日ぶりに入荷、買受人らによるセリの声が響き、活気が戻った。ただ、13日以降は再び、欠航が続くとみられ、旧盆を前に島民らの食卓にも影響が出そうだ。また、相次ぐ欠航の影響で、収穫最盛期を迎えたマンゴーは、島外出荷ができず、同卸売市場の取引価格も値崩れを起こしている。
新着情報一覧 · 2019/08/13
5県(宮崎・鹿児島・熊本・沖縄・大分)の吹奏楽連盟が主催する第15回「南九州小編成吹奏楽部コンテスト」が11日、宮崎県の宮崎市民文化ホールで開かれ、各県代表校が演奏技術を競った。奄美からは2校が出場。2年ぶりに代表選抜された奄美市名瀬の朝日中学校吹奏楽部(顧問・橋口通教諭、部員21人)が中学校部門で上位入賞し、前回以来の金賞に輝いた。また高校の部では、6年ぶりに出場した沖永良部高校吹奏楽部(川口裕介顧問、部員数17人)が銀賞を受賞した。
新着情報一覧 · 2019/08/13
台風9号の影響で8日から途絶えていた県本土と奄美群島を結ぶ海の便が11日夜から12日午前にかけて、奄美市の名瀬新港に貨物船を含む5便入港した。13日入港の下り便は欠航を決めており、束の間の物流再開に貨物が集中。5日ぶりの運航となり、同港岸壁にはコンテナがうず高く積み上げられ、荷役作業が盛んに行われていた。
新着情報一覧 · 2019/08/12
徳之島出身の写真家・加川徹夫さん(故人)とその子孫の親子3代の写真展「一写入魂 加川家三代でみる徳之島の肖像」が11日、奄美市笠利町の県奄美パーク・田中一村記念美術館企画展示室で始まった。初日は徹夫さんの長男・徹さん(60)らがそれぞれの作品を解説するフロアトークもあり、訪れた関係者や写真愛好家らが熱心に耳を傾けていた。展示は9月1日まで。入場無料。            スタジオカガワ

さらに表示する