カテゴリ:奄美大島



新着情報一覧 · 2021/05/08
奄美市名瀬の大島高校(黒木哲二校長)は7日、「創立120周年記念式典」を同校体育館で行い、式典には3年生のみ代表参加、1・2年生は教室でリモート中継参加。来賓は丸田卯禮男安陵会会長と橋口耕太郎PTA会長のみが参加するというコロナ禍での異例の式典内容となった。また、式典前に予定されていた「大高未来塾」「慰霊祭」は、奄美市内でクラスターが発生したため、中止となった。式典の様子はYOUTUBEでライブ配信された。
新着情報一覧 · 2021/05/06
宇検村はこのほど、村内バス停とバスのデザインをリニューアルした。同村地域おこし協力隊のマシュー・サイモン・プライド=愛称マット=さん(46)が担当。村をこよなく愛するマットさんは「バスは宇検村の自然を、バス停はわかりやすさはもちろん、余白を残し周囲の風景となじむようにした」と目を輝かせた。乗客からは「かわいい」「わかりやすくなった」などの反応があったという。
新着情報一覧 · 2021/05/03
環境省奄美群島国立公園管理事務所・奄美大島自然保護協議会・名瀬森林事務所は連休の1~5日、合同で盗掘盗採防止パトロールを実施している。国立公園の適正利用や希少種保護の普及啓発、希少種の盗掘・盗採防止が目的。
新着情報一覧 · 2021/04/29
社会福祉法人三環舎(向井扶美理事長)が運営するあしたば園(島じゅうり)は今月、新商品「パパイヤ入り奄美カレー」の販売を開始した。同商品は奄美島立会物流センターとのコラボ商品。同センターが販売している、島ウコンが入った「島おこし奄美カレー」のルーをベースに、パパイヤや鶏もも肉などをふんだんに使用。レトルトパウチ入りご当地カレーの販売は奄美群島初という。
新着情報一覧 · 2021/04/29
幻の砂浜との異名を持つ「かくれ浜(ナーバマ)」が28日、奄美市笠利町喜瀬で出現した。同日の天気は晴れ、最高気温は25度。潮位はマイナス14㌢。撮影した西康範さんによると、波はおだやかで多くの人でにぎわっており、結婚式を行う新郎新婦の姿も見られたという。
新着情報一覧 · 2021/04/27
3月25日にスタートした東京五輪の聖火リレーが27、28日に奄美市など県内14市町を巡る。奄美市は初日の第3区間に予定されており、午前11時40分に奄美文化センターをスタート、18人のランナーが名瀬市街地2・9㌔のコースを走り、聖火をつなぐ。ゴールとなる市役所前には午後0時20分ごろに到着予定。気象庁によると、同日の天気は晴れで、日中の最高気温は25度の予報。新型コロナウイルスの感染防止などのため市は、沿道での観覧時のマスク着用や拍手など大声を出さない応援を呼び掛けている。
新着情報一覧 · 2021/04/26
風薫る「こどもの日」を前に25日、奄美市名瀬の市街地を流れる新川の上空で手作りこいのぼり約1000匹の〝大遊泳〟が始まった。今年はコロナ禍と闘う医療従事者への声援も込めて、県立大島病院前まで掲げる場所を延長。優雅な泳ぎで人々の目を楽しませている。5月9日まで。
新着情報一覧 · 2021/04/25
九州ADC(アートディレクターズクラブ)アワード2021の審査結果がこのほど発表され、奄美群島関係では第43回紬の日ポスター「私たちの青春は、」と、沖永良部島和泊町「2020年新成人トートバッグ」が審査員特別賞に選ばれた。同アワードは、九州最大の広告やデザインのコンテスト。今回は応募者395人から、作品1097点が寄せられた。
新着情報一覧 · 2021/04/24
奄美在住9年目の画家やアーティスト3人による初の企画展「KA/CHO/FU/GETSU・奄美の花鳥風月と人々の暮らし~田中一村へのオマージュ」が23日、奄美市笠利町の県奄美パーク・田中一村記念美術館で始まった。会場には、島に魅せられた作品42点が一堂に展示され、独自の視点や新たな世界観で奄美を表現。来館者の目を楽しませている。5月14日まで。
新着情報一覧 · 2021/04/23
奄美市笠利町の節田保育所(南三知子所長)。自然にあふれる園舎の周りは、サトウキビ畑。ルリカケスの親子や園舎の軒先に作られたツバメの巣からは、毎年ツバメが飛び回る。0歳から5歳児までの26人の園児にとって、鳥のさえずりも友達だという。

さらに表示する