ブログカテゴリ:与論島



新着情報一覧 · 2020/01/31
港区新橋にあるニュー新橋ビル(港区新橋2―16―1)に、奄美群島と沖縄の島料理酒場が、このたび新しくお目見えした。オープンを記念し、唄者で女優業でも活躍する平田まりなさんがライブを開催。たくさんの来店者らとおおいに盛り上がっていた。
新着情報一覧 · 2020/01/28
与論ライオンズクラブ主催の第2回「島っ子アイデアコンテスト」が24日、与論町立茶花小学校体育館であった。同校の6年生28人が6班に分かれ、自分たちで考えた島の観光振興のアイデアを発表。宝探しの要素を盛り込んだ島内観光や、家族で楽しめる島独自のスタンプラリーなどユニークなアイデアが次々と飛び出した。
新着情報一覧 · 2020/01/18
国の文化審議会(佐藤信会長)は17日、「与論島の芭蕉布製造技術」など新たに6件を、重要無形民俗文化財に指定するよう萩生田光一文部科学相に答申した。3月中に指定される予定で、これを含む県内の国指定重要無形民俗文化財は11件となる。奄美では同じく与論町の「与論十五夜踊」と瀬戸内町加計呂麻島の「諸鈍シバヤ」、龍郷町の「秋名のアラセツ行事」に次いで4件目となる。
新着情報一覧 · 2020/01/16
「琉球王国のグスク及び関連遺産群」世界遺産登録20周年を記念した沖縄県立博物館・美術館(那覇市)の特別展「グスク・ぐすく・城│動乱の時代に生み出された遺産」では、同館が作製した与論グスクのジオラマ模型が初公開されている。
新着情報一覧 · 2020/01/07
与論町が建設を進めていた新庁舎が完成し6日、現地で落成式があった。昨年12月末から引っ越し作業を行い、同日業務も開始。式には関係者ら約180人が集まり、町の新しいシンボルの完成を祝った。
新着情報一覧 · 2019/12/20
全国の自治体などでつくる地域活性化センターは18日、魅力発信に取り組む自治体を表彰する「地域プロモーション大賞」を発表した。奄美関係では新設の動画部門で与論町が地域活性化センター賞、パンフレット部門で奄美市が楓千里賞、和泊町が地域活性化センター賞をそれぞれ受賞した。
新着情報一覧 · 2019/12/17
B&G「海を守る植樹教育事業」植樹祭(与論町B&G海洋センター主催)が15日、同町多目的運動広場ゆいLANDであった。町内の子どもからお年寄りまで約60人が参加し、フクギやサンゴジュなど14種類640本の木の苗を植え付けた。
新着情報一覧 · 2019/12/03
環境省と与論町主催の「ヨロン 水とサンゴのフォーラム」が11月30日、同町の地域福祉センターであった。関係機関団体の代表や住民ら島内外から約150人が参加。地元の子どもたちによる海洋環境の保全の取り組み発表と専門家の講演があり、今後のサンゴ保全活動に向けた情報と課題を共有した。
新着情報一覧 · 2019/11/20
国内在住の外国人らを招いたツアー「与論島FAM(ファム)トリップ」が17日から2日間、同島であった。地元の認定エコツアーガイドと地域通訳案内士計5人が同行して島の魅力をPR。「幻の砂浜」と呼ばれる人気の観光スポット・百合ケ浜では、ゲスト2人が目の前に広がる絶景に感激した様子で、旅の思い出を胸に刻んでいた。
新着情報一覧 · 2019/11/14
国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」が11日、与論町の地主(とこぬし)神社であった。一番組と二番組が交互に伝統の踊りを奉納し、島中安穏と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

さらに表示する