· 

(2434)「いつもと違う初詣」 なるべく地域の神社に参拝を

コロナ禍で迎える大晦日~年始に備えて、奄美市名瀬の高千穂神社では着々と準備が進んでいる。素手で接触する回数が多く、全国的に感染源と危惧されている箇所はひしゃくを使う手水舎=ちょうずや=や鈴尾だが、同神社では鈴尾は衛生管理の面や祈祷の妨げになるとして約10年前に撤去。手水舎は創立150周年記念として、3月に非接触のセンサータイプに切り替えている。新たな対策として、年始に参拝者へ手渡していた神酒の授与の中止を決めた。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月29日火曜日