· 

(2405)研究報告「奄美の土着的環境教育の発見」 自然や人とのつながり継承を」

鹿児島大学国際島嶼教育研究センターはこのほど、第206回研究会を開いた。「奄美の土着的環境教育の発見」をテーマに、同大学准教授の小栗有子氏が講師として研究報告を行った。同センターの本会場と奄美市名瀬の同奄美分室、オンラインで各家庭に同時中継した。報告では、環境教育の研究動向を紹介し、奄美に伝承されている人と自然環境との付き合い方などを紐解いていった。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

http://amamishimbun.co.jp/2020/12/15/28837/

AmamiNewsさんの投稿 2020年12月15日火曜日