· 

(2367)ひと足早い「ミイザタ」の香り/伊仙町馬根小 恒例の黒砂糖づくり体験

製糖シーズンの本格化を前に、伊仙町立馬根小学校(茶屋大作校長・児童数9人)では25日、学校園のサトウキビを使った恒例の黒砂糖づくり体験があった。児童たちは保護者や地域住民たちとも交流しながら、ふるさとの伝統産業を学習。食農一貫体験を通した〝甘い結晶〟に笑顔の花を咲かせた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年11月25日水曜日