· 

(2362)大きさ・重さに違いの可能性/アサギマダラ秋の渡り 喜界島・奄美大島へ

日本列島を長距離移動するチョウ・アサギマダラの秋の渡りは、今年は期間の幅が広く、現在も本州から南西諸島への南下が報告されている。奄美では喜界島と奄美大島で地元の児童生徒による観察やマーキング(翅=はね=への標識)が行われているが、専門家の調査により両島に飛来するアサギマダラは、大きさ・重さ・翅の状態などに違いがある可能性が出ている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

http://amamishimbun.co.jp/2020/11/24/28489/

AmamiNewsさんの投稿 2020年11月23日月曜日