· 

(2356)行動・飲食人数制限せず/「医療提供体制ひっ迫していない」

新型コロナウイルス感染症は、国内では一日の新規感染者が過去最多を記録するなど感染拡大の状況にある中、季節性インフルエンザの流行期を迎え「県民は大変不安な気持ちになっている」として塩田康一知事は20日、感染拡大対策への見解を発表した。知事は「現時点では医療提供体制がひっ迫している状況ではない」として、県の感染拡大警戒基準は現行(ステージⅡ)のままで、行動制限・飲食(会食)の利用人数制限も行わない方針を示した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年11月20日金曜日