· 

(2326)明生関、等身大パネル設置 瀬戸内町の後援会

瀬戸内町明生関後援会(会長・鎌田愛人町長)は6日、町きゅら島交流館に大相撲で活躍する明生関(25)の等身大パネルを設置した。鎌田町長は「コロナ禍の大変な中で直接会場には行けないが、パネルを通して明生関に町民からの応援の気持ちを届けたい。町の子どもたちには、パネルの明生関と一緒に写真を撮ることで、勇気と元気をもらってほしい」と話している。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年11月6日金曜日