· 

(2276)離島のコロナ対策など分析 奄美パーク文化講演

県奄美パーク主催の文化講演会が11日、奄美市笠利町の同パークであった。鹿児島市の米盛病院副院長で災害派遣医療チーム「DMAT」(ディーマット)隊員の冨岡譲二さんがテレビ会議形式で講演。与論島での新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生について、「早期の入島制限などが効果的だった。今後は医療体制のバックアップや感染防止対策のマニュアル化が課題」などと語った。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年10月12日月曜日