· 

(2257)クロウサギと共生の絵本製作 徳之島地区自然保護協

国の特別天然記念物アマミノクロウサギによるタンカン樹木の食害被害が近年、徳之島で急増している。徳之島地区自然保護協議会(美延治郷会長)はこのほど、タンカン農家とクロウサギが共生する地域づくりを紹介する絵本「なかよしのしるし」を製作した。美延会長(64)は「世界の宝のクロウサギをどうやって守るかをみんなで考え、農作物被害を受ける農家に恩返しができれば」としている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年10月3日土曜日