· 

(2253)与論十五夜踊を奉納 地主神社

旧暦8月15日に当たる10月1日、与論町の地主(とこぬし)神社境内で、国の重要無形民俗文化財「与論十五夜踊」が奉納された。今年は7月に発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の影響で、島内外には広報せず関係者のみで実施。飲食や飲酒も自粛されたものの、参加者たちは無事開催できたことを喜び、島中安寧と一刻も早い新型コロナの収束を願った。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

http://www.nankainn.com/culture/%e4%b8%8e%e8%ab%96%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%a4%9c%e8%b8%8a%e3%82%92%e5%a5%89%e7%b4%8d%e3%80%80%e5%9c%b0%e4%b8%bb%e7%a5%9e%e7%a4%be

AmamiNewsさんの投稿 2020年10月1日木曜日