· 

(2215)「レプトスピラ症」感染確認  飼い犬、イノシシなど 奄美大島

奄美大島で2019年、飼い犬のレプトスピラ症への感染が確認され、島内の野生生物の調査から複数のクマネズミやリュウキュウイノシシが感染していたことが分かった。病原菌を持つ動物に触れたり、尿に汚染された河川に入ると人も感染する恐れがあり、重症化すると死亡することもある。調査を行ったゆいの島どうぶつ病院(奄美市名瀬)の獣医師は、狩猟したイノシシなどの野生生物に素手で触らないことや、河川での遊泳の際に注意するよう呼び掛けている。

div style="text-align: left;clear: both;"> 《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年9月12日土曜日