· 

(2207)黒糖焼酎出荷量は微減 県全体前年度比6%減 6年連続で宮崎に次ぐ2位

県酒造組合(濵田雄一郎会長)は8日、2019酒造年度(2019年7月~20年6月)の県内産本格焼酎の需給状況などを発表した。課税移出数量(アルコール25度換算)は県全体で前年度比6%減だった。原料別課税移出数量(実数ベース出荷量)でみると、黒糖焼酎は前年度比1%減の7122㌔㍑で、アルコール度数別では25度のみ微増だった。奄美の業界では、今後の新型コロナウイルスの影響がどうなっていくか注視している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年9月9日水曜日