· 

(2191)希少野生生物保護増殖検討会 事業の終了見据えた計画実施

2020年度奄美希少野生生物保護増殖検討会(座長・石井信夫東京女子大学名誉教授)が1日、奄美市名瀬のAiAiひろば会議室であった。アマミノクロウサギ、アマミヤマシギ、オオトラツグミの希少種3種の保護増殖事業の実施状況を報告。同事業10か年実施計画の改定とともに、24年度に終了することを見据えた課題や目標が共有された。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年9月1日火曜日