· 

(2127)コロナ医療体制を危惧 大高新聞部がアンケート

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県立大島高校の新聞部が同校生徒を対象に意識調査を行ったところ、離島の医療体制や収入が減少した家庭への救済措置について高い関心があることが分かった。30日発行の「大高ジャーナル」第6号に掲載。コロナ時代に適応した島の将来像として、奄美独自のガイドラインに基づいた観光の在り方を提言している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》