· 

(2096)警戒レベルと行動指針策定 新型コロナ

夏の旅行シーズンが本格化するのを前に奄美大島5市町村は13日、新型コロナウイルス感染症の警戒レベルを策定・発表した。島内の感染者の発生状況を基準に5段階に分け、レベルごとに住民や事業者の行動指針、公共施設の対応などを定めている。13日現在の奄美大島の警戒レベルは「3」で、「陽性反応のある人はいないが、感染者発生地域との往来でリスクが高まっている」状態。奄美市健康増進課の徳永明子課長は「今が一番大事な時期。意識を高め対策をとってほしい」と呼び掛けた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》