· 

(2092)塩田氏が初当選/候補乱立の激戦制す/若さと行政手腕に期待

任期満了に伴う県知事選は12日、投票が行われ、即日開票の結果、元経済産業省九州経済産業局長で新人の塩田康一氏(54)が22万2676票を獲得、現職や元職ら有力候補を抑え、初当選を果たした。選挙戦は、過去最多の7人が立候補、保守系候補が乱立する激戦となったが、元官僚として地方創生などに取り組んだ実績と若さ、行動力などを訴えた塩田氏が、保守層のほか無党派など幅広い層に支持を広げた。投票率は49・84%で、2016年の前回(56・77%)を6・93ポイント下回った。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》