· 

(2079)「お魚ジャーキー」好評/地場魚を有効活用 天城町

天城町は、元海洋大学技術職員の水産専門家を地域おこし協力隊に迎え、地上施設での「短期畜養」メリットの追究や、地魚をフル活用した商品開発など町内水産業の振興策を模索。特産品づくりではこのほど、カツオやマグロ類のほか嫌われ者のサメも活用した「お魚ジャーキー」を商品化。ふるさと納税返礼品にも加わり、リピーターも現れるなど好評のようだ。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》