· 

(2033)甘み、酸味のバランス良好/糖酸比は最高値

瀬戸内町内のパッションフルーツ生産者でつくる「瀬戸内パッションブランド産地協議会」(宮原仲清会長、26戸)は16日、同町古仁屋の「せとうち物産館」加工室で今期の品質を調べる検討会を開いた。20農家が持ち寄った産品から糖度平均17・3度、クエン酸平均1・70%を検出。甘味、酸味ともバランスが良く、「例年並みのおいしさが保たれている」などと結論付けた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》