· 

(2023)コロナ禍・奄美のために出来ること/世界の舞台でも聴衆の魂を震わせる唄

「奄美のためにできること。新型コロナウイルスと私は戦う!」の第4回は、奄美を代表する唄者・朝崎郁恵さんを取り上げる後編。1984年から10年連続で国立劇場公演をこなした彼女は、3年後インディーズから発表した「海美」の収録曲「おぼくり~ええうみ」が細野晴臣らにより紹介され、世界的に知られるようになる。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》