· 

(1985)県、水際対策、態勢拡充へ 離島来訪者増に備え

県は26日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の国内全面解除に伴う6月1日以降の対応方針を示した。県境をまたぐ移動を緩和する一方、今月25日まで緊急事態宣言の対象だった5都道県については、6月18日まで旅行やレジャーなどでの移動自粛要請を継続する。移動制限緩和による来県者増の対策で、屋久島、喜界島、沖永良部島、与論島の各空港と名瀬港で実施している非接触型体温計での水際対策を強化する。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》