· 

(1938)コロナ・ショック@奄美/唯一の路線バス存続の岐路に

2月末に政府の自粛要請が出されて以降、クルーズ船の寄港が相次いでキャンセルとなった。4月17日には島内でも感染者が確認され、学校は休校、イベントなども自粛が続く。新型コロナウイルスの感染が全国に拡大するなか、島外からの観光客はほとんどいなくなり、イベントなども自粛が相次いでいることで、人の移動が大きく減少している。貸し切りバスの利用も大幅に減少、感染防止のため市民らの外出自粛も重なり路線バスの利用も減るなど島内の交通業界を取り巻く環境は厳しさを増している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》