· 

(1932)徳之島「べにふうき」 一番茶収穫シーズン

徳之島茶振興会(豊村友二会長、会員約30人)が生産に取り組む「べにふうき」の一番茶収穫が始まった。べにふうきは、抗アレルギー成分「メチル化カテキン」などを多く含み、鼻炎や花粉症などのアレルギー症状に効果があるとされる。一番茶の収穫は10日ごろまで続き、5トンの収量を見込む。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》