· 

(1908)外来種、川に放さないで コイなど駆除進む 奄美大島自然保護協

島内5市町村でつくる奄美大島自然保護協議会は、同島の河川に生息するコイなど外来種の駆除事業に関する2019年度の報告書をまとめた。島内3河川でコイ22匹が捕獲され、そのうち住用川(奄美市住用町)の10匹は全て体長50センチ以上の大型の個体で、甲殻類や貝類の捕食が確認された。報告書では在来種への影響が懸念されるとして、集中的な駆除の継続と、外来種を移入しないように地域住民への周知を求めている。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》