· 

(1889)「楽しく儲かる農業」を奄美で実践中/「老人よ大志を抱け!」の大看板

「奄美市知名瀬の荒地開発プロジェクト」と銘打って、約一町歩(1㌶)の畑で無農薬と化学肥料を使わない農業を展開する「ゆずり葉の郷」農業指導員の増田雅文さん(72)。同施設の障がい者たちと一緒に農作業を行い、作業日誌や、農業ノートの記入指導も。今年から行う予定だった「親子野菜教室」は新型コロナウイルス感染拡大のため、来年から実施に。「親子で農作業することで、非行もなくなる」と話す増田さんの畑の前。「老人よ大志を抱け!」の大看板が表れる。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》