· 

(1880)ザトウクジラ出現頭数、過去最多/971頭、奄美大島周辺海域

奄美クジラ・イルカ協会(興克樹会長)は10日、「2020年シーズンの奄美大島周辺海域におけるザトウクジラ出現状況およびホエールウォッチング参加状況の調査結果」をまとめ発表した。20年シーズン(昨年12月11日~今年3月31日)出現頭数は、19年シーズン比32・5%増の971頭(578群)で過去最多となった。赤ちゃんクジラを連れた親子も96群出現確認し、過去最多を記録。また、ホエールウォッチング利用者数は、同協会加盟のホエールウォッチング事業者8社合計で、過去最多の3684人を記録した。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》