· 

(1855)新型コロナの影響で紙テープはなし 別れの季節 名瀬新港

「ありがとう」「お元気で」│。別れの季節を迎えた奄美群島。港や空港は連日、転勤や進学で島を離れる人と見送る人々でにぎわっている。奄美市の名瀬新港は27日夜、恩師や同僚、友人を送り出す人が岸壁やターミナル2階に集った。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》