· 

(1835)山々に鮮やかな新緑輝く/“春分の青空”、21日も晴れ予報

「春分の日」の20日、奄美地方は各地で晴れ間が広がり、風薫る暖かな陽気となった。野山の木々はこの時期を待っていたかのように若葉を吹かせ、新緑が新たな季節の訪れを物語っていた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》