· 

(1759)職人の技と紬の魅力体感 170人が産地研修 京都きもの学院

関東を中心に展開する和服の着付け教室が16日から奄美大島で産地研修を行っている。20日までに約170人が参加し、泥染めや機織りなどの生産現場を見学して職人の苦労や製品の魅力を学ぶ。17日は約70人が奄美市名瀬の本場奄美大島紬協同組合(市産業支援センター内)を訪れ、買い物も楽しんだ。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》