· 

(1650)新時代あまみ 権利と支え(中)

男性の後見人の選任では、こんな事情があった。

成年後見制度の「法定後見」では、後見人が本人のために財産管理や契約などを行い、それが適正かどうか、家裁が確認する。家裁の介在が、選定される後見人の信頼性を高めていると言えないだろうか。後見人を付けるには、配偶者や、子どもなどの親族(4親等内)らが本人の所在地を担当する家裁に申し立てる。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》