· 

(1651)伝統芸能の後継者不足課題/一集落1ブランド事業認定21集落代表ら意見交換

奄美市が集落活性化策として取り組んでいる「一集落1ブランド事業」に認定されている集落の代表らが意見交換する第1回会合が9日、同市役所であった。集落代表のほか、市内のNPO法人の関係者らも出席。認定された集落ブランドの保存維持や地域活性化にむけた取り組み、課題などについて話し合った。過疎や住民の高齢化などにより、ブランドの維持が困難になっている現状などが報告され、市が実施している助成事業の活用などが呼び掛けられた。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》