· 

(1633)名瀬はナゼ発展? 仮屋敷が都市化の起点 ブラ名瀬歩き

鹿児島県奄美大島随一の繁華街・旧名瀬市街地。官公庁が置かれ商人が集い、にぎわいのある都市文化を形成してきた。現在も海岸を埋め立て土地造成するマリンタウン事業が進む。名瀬はなぜ発展をとげてきたのだろう。市街地の土地区画整理事業に長く携わってきた、奄美郷土研究会員の岩多雅朗さんに名瀬の街を案内してもらった。古い地図を手に、いざ出発だ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》