· 

(1628)新「森の館」用地造成始まる/自然観察の森 展望デッキを建て替えへ

龍郷町は、2017年度から21年度までの5カ年計画で「奄美自然観察の森再整備事業」を進めている。19年度は、老朽化して建て替え工事を進めてきたボードウオークが完成し、7月から供用開始した。老朽化して建て替える展望デッキは解体作業を終えた。メーンとなる新しい「森の館」(管理棟)の新築工事は、用地造成工事が始まった。19年度の総事業費は約1億2400万円を見込む。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》