· 

(1603)町内の外ネコ不妊化率87%/「自分たちの問題として行動へ」

奄美ネコ問題ネットワーク(ACN、久野優子代表)は17日夜、奄美市名瀬大熊町の大熊公民館で大熊外ネコ調査報告会を開いた。5月から同町で行われていた外ネコの実態調査の結果を報告。町内で31匹の外ネコを確認し、うち27匹がTNRなどにより87・1%と高い不妊化率だった。講師から問題解決に向け、「自分たちの問題ととらえて活動する」などの提言があった。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》