· 

(1601)奄美は9~10世紀に農耕導入/南下して沖縄諸島に拡散

第11回奄美考古学会・第13回九州古代種子研究会の合同研究会が14、15日、喜界町役場などで開かれた。「南島における農耕のはじまりと社会変化」をテーマに、各研究者が調査成果などを発表。奄美諸島と沖縄諸島の農耕導入期についてこれまでの調査から、9~10世紀に奄美諸島に伝わり、奄美諸島から南下して沖縄諸島に広がったとされる見解が示された。

 

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》