· 

(1597)古高生がスタディツアー 瀬戸内町久慈

県立古仁屋高校(重吉和久校長)の「日本スイーツの聖地」スタディツアーは14日、瀬戸内町古仁屋―久慈を往復するコースであった。町内の未就学児―小学生とその保護者計44人が参加。同校の1~3年生40人が同町久慈の白糖工場跡周辺をクイズやゲームを交えて案内し、郷土の歴史を分かりやすく伝えた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》