· 

(1585)海洋教育指導書を編集/両親が和泊町出身 東京大学大学院 ・日置特任教授

激増するプラスチックごみによる生態系の破壊、水産資源の乱獲防止と持続可能性の追求など、人類に突きつけられた海を取り巻く課題は厳しさを増す一方だ。そんな中、新たな時代の海洋教育の指針となる指導書『海洋教育指導資料(小・中学校編)学校における海の学びガイドブック』(東京大学大学院教育学研究科付属海洋教育センター編著、大日本図書、2000円+税)が出版された。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》