· 

(1573)キビ交付金130円増の1万6860円/増税で生産コストの高騰対応

農林水産省は4日、2020年度(20~21年期)サトウキビ・でん粉原料用カンショにかかわる生産者交付金の単価を政府与党に説明して了解を得た。キビ農家に支払われる1㌧当たりの単価は、前年産より130円増の1万6860円。引き上げは2年連続。10月の消費増税に伴う生産資材の値上がりなど生産コストの増加分を補う対応が取られた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》