· 

(1566)埋葬過程や儀礼の解明期待/保存良好な 中生人骨の出土続く

鹿児島女子短期大学の竹中正巳教授(骨考古学)などによる佐念モーヤ(宇検村指定文化財)の調査が先日行われた。竹中教授らは県内外の遺跡などから出土する人骨を研究し、葬制の変遷等を調べている。竹中教授は「発掘調査が行われ奄美の中世墓からの資料が増えており、島ごとの埋葬の特徴や埋葬儀礼の解明につながるのでは」と期待している。

《下のfacebookをクリックすると詳細記事が表示されます》