· 

(1545)富国、50年ぶり年内操業/群島製糖工場 キビ生産見込み37万1千㌧

奄美群島の製糖工場5社の生産量見込みがまとまった。今期(2019/20年)の生産量は37万1349㌧、前期より3万7152㌧増。富国製糖㈱では、50年ぶりになる年内操業を決定。同社は年内操業の主な要因を「国の進める『働き方改革』に対応して製糖期間を長く取るため」などと説明。今期産は台風被害もなく生育面や、糖度など品質面も順調に来ているという。