· 

(1416)徳之島きび「平年作」回復傾向/面積減・危機感共有へ

徳之島さとうきび生産対策本部・運営企画委員会が4日、天城町役場であった。3町の2019/20年期産生産見込みの当初予想(7月1日現在)は、昨秋の台風被害による種苗の発芽不良・茎数不足など〝後遺症〟で15万㌧台低迷が予想されていたが、生育概況報告(今月1日現在)では「平年作」への回復傾向が示された。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》