· 

(1415)参加型防除活動の可能性検証/大正大学生ら外来植物の駆除体験

奄美で観光や伝統文化などをテーマに地域実習を行っている大正大学(東京都)の学生14人が4日、奄美市住用町で、外来植物の防除活動に参加した。活動は、県自然保護課が進める参加型外来種防除活動の一環で、島外から訪れた観光客らが外来種駆除に参加する体験プログラムの実効性などを検証する目的で行われた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》