· 

(1389)地域活性化策を模索へ 長期滞在で奄美を深堀り 大正大が地域実習

大正大学(東京・豊島区)の奄美地域実習生14人が奄美大島入りし19日、奄美市役所で受け入れ式があった。過去2年間は地域創生学部の1年生のみだったが、今年は1、3年の2学年が参加した。滞在期間は10月29日までの42日間。観光、伝統文化などをテーマにフィールドワークを展開し、地域課題の解決方法や地域活性化策を探る。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》