· 

(1375)在来の喜界農産物を生かせ 鹿大生が地域ブランド戦略提案

鹿児島大学農学部は13日、喜界町を対象にした「農村(むら)の活性化に関する調査」の報告会を同町の自然休養村管理センターで開いた。同町が日本一の生産を誇る白ゴマなど在来農産物を生かした「地域ブランド戦略」を提案。管理組織の立ち上げやマーケティングの手法などをアドバイスした。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》