· 

(1373)稲作行事ユーモラスに演じる/県重要無形民俗文化財「油井豊年踊り」

旧暦の8月15日「十五夜の日」にあたる13日、瀬戸内町油井集落(内田百一=もいち=区長、31世帯51人)の豊年祭・敬老会が同集落であった。稲作行事をユーモラスに芸能化した「油井の豊年踊り」(県指定重要無形民俗文化財)が披露された。また、今年はこのほど完成した油井公民館の落成式も兼ねて行われ、集落活動の拠点の新設を喜んだ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》