· 

(1362)推進共同体と協働で駆除/「アメリカハマグルマ」など外来種

奄美大島エコツアーガイド連絡協議会(喜島浩介会長)は7日、奄美市名瀬の臨港道路佐大熊入口付近の緑地帯で外来種の駆除作業を行った。会員以外に先月発足した世界自然遺産推進共同体の参加企業や地域住民なども参加し、緊急対策外来種に指定されているアメリカハマグルマを中心に駆除した。活動を継続して世界自然遺産登録の機運醸成を図る考え。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》